忘れていた夏

投稿日:

著者:もなみ。

■あらすじ

せっかくの夏休みに一人で墓参りに来た和也。そこで出会ったのは、ひとりのおじいさん。
人との出会いを噛みしめる和也。あのおじいさんは誰だったのだろう。
この夏、もう一度あの人に伝えたい一生で一度の思い出を胸に――――。

* * *

01

02

03

04

05

06

07

08

END

* * *

短編8Pマンガ「忘れていた夏」

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

w

%s と連携中